• 地域の方々のかかりつけ薬局

ジェネリック医薬品への取り組み

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

ドレミ薬局の考え方

 当薬局では、先発品、後発品の違いをご説明した上で、患者さんのご希望があれば、先発医薬品からジェネリック薬品(後発医薬品)への変更を行っています。変更の際には以下の点を重視しています。
 
(1)先発品とジェネリック薬品を比べて、効果に差がないこと。
   製法の違いなどによって、先発品と同じ効果が期待できないと思われるものもあります。

(2)患者さんの支払う代金がある程度下がること。
   先発品がもともと安価な場合など、ジェネリック薬品に変更してもほとんど差がないものもあります。
 
(3)先発医薬品が国から承認を得ている適応(効能・効果、用法・用量)について、ジェネリック薬品も同じ適応が認められていること。同成分のジェネリック薬品であっても、国の承認を取っていない場合もあり、そのような場合は先発医薬品を使用しています。

ジェネリック薬品とは

 新しい効能があり、臨床試験によってその有効性や安全性が十分に確認され、国に承認された薬が先発医薬品です。先発医薬品と成分や規格が同一であるとして臨床試験などを省略して承認された医薬品が後発医薬品、すなわちジェネリック薬品と呼ばれるものです。
先発医薬品は、その効果や安全性を臨床試験で証明し新薬として販売されるまで、長い時間と多くのコストがかかります。そしてその費用が価格に上乗せされるため、おのずと高価になってしまいます。
しかし、先発品の特許等が切れた後に発売されるジェネリック薬品には開発コストがほとんどかからないため、先発品に比べて安価で供給することができるのです。

ジェネリック薬品のメリット

 言うまでもなく、安価であることです。患者さんの負担を下げるだけでなく、赤字に苦しむ保険組合、自治体などにとってもジェネリック薬品の使用には大きなメリットがあります。
ジェネリック医薬品には、先発品より使いやすくするために工夫されているものもあります。例えば、ある子供用の粉薬で、先発品より苦味を抑えるためのコーティングをした薬は、多くの小児科で採用されています。
また、医薬品の製品名、含量、規格の表示を大きくするなど、医療現場においても取り扱いやすいように工夫されたものもあります。

ジェネリック薬品のデメリット

 あまり流通していないジェネリック医薬品もあり、すぐに入手できないものもあります。また、主成分は同じですが、それ以外の添加物が違うことがあり、外観、味、使用感が異なることもあります。ごくまれではありますが、過敏症の患者さんが添加物にアレルギー反応を起こす場合もあります。

PAGETOP
Copyright © 有限会社ドレミ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.